中古プレハブ、倉庫、事務所、オフィスなどマルチに使えるプレハブをお探しなら横田ハウスにお任せください。

初めてプレハブを持つ方へ

  • HOME »
  • 初めてプレハブを持つ方へ

初めてプレハブを持つ方へ

ここでは『初めてプレハブを持とう』と考えている方へ、一連の流れをご紹介しています。

ナンバー1
 
まずはプレハブの用途を考える
何の為にプレハブを購入するのか?を考えましょう。プレハブタイプの方向性が決まりやすくなります。
『事務所(オフィス)』・『倉庫』・『店舗』・『工場』など、さまざまなタイプがございます。

 

矢印

ナンバー2
 
予算を考えましょう
いくらまでなら予算が出せるのか?計算しましょう。予算が少ない際は、グレードを落とすなど譲歩する部分が出てくる事があります。自分が絶対に譲れない部分も確認をしましょう。

 

矢印

ナンバー3
 
実際にプレハブを探す
今の時代インターネットの普及が進み、自宅からプレハブを探すことが随分と楽になりました。
『事務所 プレハブ』・『店舗用 プレハブ』・『中古 プレハブ』などで検索するとプレハブ販売会社がいくつも出てきます。

 

矢印

ナンバー4
 
プレハブ販売会社をリストアップ
いくつもあるプレハブ販売業の中からどの会社がいいのか判断が難しいというのが本音だと思います。事実『プレハブを建てる』ことにおいてはどの業者も同じです。プレハブ販売会社をいくつも見て自分に合ったサービスをしてくれるのか?数社リストアップしましょう。
【HP上での判断材料】
『施工事例』のある会社や『最新のお知らせ』が毎月更新されていると安心感があります。
【電話での判断材料】
担当者の『受け答えがはっきりしている』ことや、こちらの要望を理解し逆に『提案』をしてくれる会社などは安心感が持てます。
また、電話でのやりとりの中で『建築確認申請・仮設許可申請』について話しが出てくると、きちんと対応してくれる印象が持てます。もし出てこない場合はこちらから『建築確認申請・仮設許可申請はどうしたら良いか』確認し対応を確認しましょう。
売ることを第一に考えている会社は事務処理の対応をないがしろにすることが多いです。

 

矢印

ナンバー5
 
プレハブ販売会社の決定
問い合わせについては無料の会社がほとんどですので、納得のいくまで確認をすることをお勧めします。
○○についてA社ではこうでしたが、御社ではどうですか?など引き合いに出してどこまで依頼者に対して本気になってくれるのか確認し最終的な1社に決めましょう。

 

矢印

ナンバー6
 
ご契約
ご納得いただけましたらご契約になります。
各プレハブ販売会社の指示に従ってご契約を結んでください。
横田ハウスの流れはこちら ⇒

 

 埼玉県・東京都・神奈川県
 千葉県・栃木県・群馬県
 茨城県・福島県・宮城県
      

その他詳しいエリア →

TOP