重量鉄骨造と軽量鉄骨造の違いは何でしょうか?
鉄骨造とは建物の主要部材に鋼材を用いる工法です。一般的には税務上の分類を踏まえ、鋼材厚さが6mm以上の場合が重量鉄骨(中高層建築や大架構建築などに適している)、6mm未満の場合が軽量鉄骨(低層建築に適している)と位置づけられています。